交通事故治療@豊橋市 > 交通事故治療のQ&A

よくある質問

接骨院にかかりたい旨を保険会社に伝えましたが「ダメです」と言われました。どうすれば良いですか?
治療を受ける医療機関を選ぶのはあなたの自由です。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。通院先の接骨院名と電話番号を伝えて頂ければ、あとは保険会社と接骨院が直接連絡しあいます。

同様に、相手方の保険会社が薦める医療機関に行く必要もございませんので、ご安心下さい。
接骨院へ転院する際に必要な書類などはありますか?
特にありません。保険会社さんに接骨院にかかる旨とその接骨院名、電話番号を伝えて頂ければ、何もいりません。
毎日通院してもいいのですか?
1日1回であれば大丈夫です。
特に事故直後は、集中して通院し治療に専念されると、その後の経過が変わってきます。痛みが辛いときや、調子の悪いときは必ず先生の指示に従い、続けて通院される事をオススメします。
現在、他の病院に通院しているのですが、併用して接骨院に通院することはできますか?
交通事故の場合、病院に通院しながら接骨院で治療を受けることも問題ありません。
『むち打ち治療協会』では病院との連携を良くする事が患者さんの健康の回復にプラスになると考えています。
事故に遭ってしまいました。病院にかからずに、かかりつけの接骨院へ行くのは問題ありませんか?
事故にあった際、安心してお話できる先生に診てもらいたい、というお気持ちはわかりますが、最初は必ず病院で骨折などがないか十分な検査をされることをオススメします。(十分な検査には MRI・CT・レントゲンなどが必要です)

また、治療費や慰謝料など、保険会社さんとのやり取りにも医師の診断書が必要となります。
交通事故の怪我の場合、治療費は誰が負担するのですか?
通常、被害者の方の治療には、加害者の自賠責保険から治療費がまかなわれる為、患者さんご自身の窓口負担は0円です。(接骨院から保険会社さんへ後日治療費を一括請求します。)ご自身の労災保険や健康保険での治療も可能ですが、保険適応の施術のみによる治療となってしまうため、早期回復のためにも自賠責保険での治療をオススメします。

尚、加害者や自損事故の方でも、任意保険(人身傷害補償)に加入されていらっしゃれば、窓口負担なく治療を受けられます。
保険会社とのやり取りはどうしたら良いですか?
治療費の請求、治療経過の報告等はすべて接骨院の方で行いますので、安心して治療に専念してください。
事故に遭った直後は痛くなかったのですが、今さら痛くなり出しました。その場合も保険で治療を受けられますか?
事故直後に病院に行かず、診断書が手元に無い場合は、後々痛くなったと言っても、保険会社さんから事故との因果関係を問われ、保険が適用されない事が多いようです。
もし示談していたり、物損事故と処理されていたりしても遡って請求は出来るのですか?
示談に署名して処理が完了してしまっているので、後々の症状などは遡って請求できません。
また、当初「物損事故」として処理されており、後日診療を受ける場合には、病院の診断書をもとに「人身事故」への切り替えを警察に届け出ないと、保険会社さんから治療費などの支払いを受けられなくなる可能性があります。

事故直後は興奮している為に自覚症状の出ない方がいますが、外傷がなくとも軽微な事故と思わず、必ず当日のうちに病院を受診しておきましょう!
加害者が保険に加入していないと言っています。どうすれば良いですか?
自賠責保険は、別名「強制保険」とも言われ、法律で車を所有する際に加入が義務付けられています。ただし、何らかの理由により加害者が自賠責保険に未加入だった場合(ひき逃げの場合も含む)は、被害者には「政府保障事業」により、補償金が支払われます。
治療期間はどれくらいですか?保険を使った治療の場合、通院期間に制限はありますか?
交通事故はケースにより様々で一概には言えませんが、一般的には3~6ヶ月で回復します。
また、保険による治療期間に制限はありません。保険会社さんから「そろそろ治療を中止しませんか」と催促されたとしても、つらい症状が残っているようでしたら、治療を中止する必要はありません。
子どもも通院して良いのですか?
小さなお子さんの場合、症状をきちんと訴えることが出来ない場合が多いため、お子さんが痛みを訴えていなくても、必ず医師の診察を受けさせましょう。当院ではお子さんへのむち打ち治療も得意としておりますので、お気軽にご相談下さい。