交通事故治療@豊橋市 > むち打ち症の病院

むち打ち症の病院

むち打ち症の専門治療機関とは

むち打ち症になったときはどこへ行けば良いの?
交通事故に遭った場合、まずは病院に通院されるのが一般的ですが、いざ「頚椎捻挫(むち打ち)」と診断された場合、どの医療機関に通えば良いのでしょうか?

医療機関や治療院には様々な種類がありますが、大きく分けて国家資格を保有するところと、そうでない所に大別されます。

 
国家資格者 医師、柔道整復師、鍼灸師
民間資格者 整体師、カイロプラクティック師、気功

「整形外科(外科)」「接骨院(整骨院)」「鍼灸院」は、国の指定するカリキュラムの教育機関を卒業し、国家試験に合格した国家資格者が治療や施術を行う、国のお墨付きを持った医療機関・治療院です。一方で、整体やカイロプラクティックなどは、民間資格となっているため、基準がバラバラで、それぞれの試験に合格すれば誰でも自由に開業できます。また、保険も適用されません。
整形外科と接骨院ではどちらへ行けば良いの?
国家資格を持った医療機関の中でも、それぞれに得意・不得意があります。
主な特徴としては下記のようになります。
病院(整形外科)
■レントゲンで骨折の有無を検査できる(むち打ちなどの軟部組織の損傷はレントゲンに映りません)
■MRIで椎間板や軟部組織などの異常を検査できる
■一般的には、怪我をした部分のみの治療となる
■一般的には、牽引や温熱、電気治療等の物理療法がメインとなる

⇒事故直後の画像診断、及び怪我の経過確認やリハビリなどでの通院がおすすめ
接骨院(整骨院)
■レントゲンやMRIによる診断はできない
■急性外傷である捻挫の専門家(むち打ち症=頚椎捻挫)
■患部だけでなく、全身の筋肉や関節を診ながら施術を行う
■日々の身体の状態に応じて、電気や手技、特別施術などをオーダーメイドで施術する

⇒むち打ち症の自覚症状が現れてから、できるだけ早くの通院がおすすめ。病院との併用通院も可能。
レントゲン:主に骨の異常を検査する装置。
 事故による強い衝撃で頚椎にヒビが入っていたり、骨折していたりしていないかを確認をします。
※MRI:主に椎間板や軟部組織などの異常を検査する装置。
 後遺障害の認定などの資料とされることが多いですが、MRIで異常がなくても、本当に異常なしとは断定できません。

 

むち打ち治療協会認定接骨院とは

普通の接骨院とむち打ち治療協会認定院は何が違うの?
では、国家資格者で、捻挫の専門家である接骨院(柔道整復師)であれば、どこも同じなのでしょうか?

答えはもちろん「NO」です。
接骨院ごとに様々な違いがあります。特に交通事故によるむち打ち症に関しては、専門的な技術を持っているところや、数多くの臨床経験を積んでいるところは、実際には多くありません。つまり、普通の接骨院では、交通事故のような難度の高い症例でも、通常の保険治療とさほど変わらない施術となってしまう可能性が高いのです。

一方で、「むち打ち治療協会」認定院は、その名の通り、むち打ち症に対しての高度な専門技術と豊富な臨床経験を持つ、
むち打ち治療のスペシャリストです。もともとこの「むち打ち治療協会」は、会長の柳澤氏が4度にわたる交通事故でむち打ち症を自ら患った経験をもとに設立されており、その非常に厳しい認定基準を満たした接骨院は、全国約35,000軒(2008年現在)のうち130軒程度しかありません。
※ふたば接骨院は豊橋市では初となる、「むち打ち治療協会」認定治療院です。(2011年10月現在)