スタッフブログ

2013年11月 7日 木曜日

戴帽式と戴灯式

交通事故治療の事なら
豊橋市のむち打ち治療協会認定接骨院 ふたば接骨院へ

先日、娘の通う看護学校で戴灯式(戴帽式)がありました。
娘の学校では、今年度よりナースキャップを廃止したため戴灯式という名称に変更したそうです。
生涯一度なのでぜひこの目で見たいと思い行ってきました。

照明が落とされた厳そかな雰囲気の中、1年生40名は1人ずつ名前を呼ばれ
壇上にあがり、先輩から受け継いだナイチンゲール像の灯から自分のローソクに灯をともしました。
全員で「誓いの言葉」を唱え、多くの来賓、保護者に見守られ、看護士としての責任感を自覚し、
決意を新たにしたと思います。

娘は、高校時代の恩師もかけつけてくれ、再会し、涙ぐんでいました。
多くの人たちの祝福に包まれた大変感動的な式になりました。
帰りに娘とナイチンゲール像の前で写真を撮り、私自身も良い思い出となりました。

豊橋市 ふたば接骨院 スタッフi


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ふたば接骨院